不動産の節電対策の実情

不動産の節電対策の実情

大震災を経て、節電というのが、国をあげての課題になっています。不動産についても、その影響はとても大きなものでした。百貨店なども節電を行っていますが、一般の不動産、たとえばマンションや、オフィスビルなどについても、その例外ではなく、国から要請を受けて節電を行っていた時期もありました。こういった時には、その不動産の使用する電気料を、前年より何パーセント削減しなければならない、という指令がでたのです。達成できない場合には罰金の処置までがありました。そのため、昨年などは、オフィスビルなどの不動産を所有している不動産オーナー、そしてそういった不動産オーナーから委託をうけている不動産業者などは、さまざまな節電対策に苦心していたのです。

 

ビルメンテナンス会社の不動産管理

 不動産の管理ということを、サービスとして売り出している不動産会社も増えてきました。こういった不動産管理をするという会社も、実際には会社によって、行っているサービスの内容は違ったりしています。

たとえば、本業がビルメンテナンスの会社が、不動産管理のサービスをしますというかたちで展開してきている不動産業の会社も増えてきました。こういった会社は、本業がビルメンテナンスですので、ビルの清掃とか、蛍光灯の交換とか、消火器のチェックとか、そういった業務がもともとのメインです。それに加えて、テナントへの対応とか、ビルの持ち主への報告なども加えて業務範囲を広げてきているビルメンテナンス会社が、不動産管理という業務を売り出していたりもするのです。

Calendar