不動産を借りるときの重要事項説明

不動産を借りるときの重要事項説明

不動産を借りたことがある人は、不動産の重要事項説明も受けたことがあるでしょう。どんな小さな不動産でも、不動産の賃貸借契約を締結するのであれば、重要事項説明は必要になります。また、それを借りる人がたとえ学生でも、未成年であっても、関係ありません。賃貸借契約を締結する場合には、不動産を借りる人を守るために、きちんと必要な事項を、きちんとした資格を持った人が説明してあげなければならない、というように決められているからです。これが、いわゆる重要事項説明です。これが、不動産の契約について定められていて、宅建主任者が行わなければならないのです。

なので、もし、不動産を借りるときに、そういった重要事項説明を行わないようなことがあったとしたら、それはきちんと言及しないと行けません。

 

不動産屋で土地を購入しました

二年前に、購入を考えているすぐ近くの不動産屋から、不動産を購入しました。

そのあたりは、元々の土地の所有者は様々ですが、売買は一つの不動産屋が一手に引き受けているようで、土地を購入するには、必ずその不動産屋さんを通さなければなりませんでした。

近くの範囲でいくつも空き地があったので、不動産屋さんと主人と両親も一緒に、いくつか見て回りました。

同じ団地内でも、坂道の途中の場所や、高いよう壁が目の前にそびえ立っている場所もありましたが、駅から少し離れても、土地が平らなところを選びました。

その土地は、太い道路に面していますが、トラックなどの車が多く通り抜ける道路とは違い、地元の住人しかほとんど通らない所だと、不動産屋で情報をもらい、参考になりました。


Calendar