自己破産する前に任意売却をすすめる理由

自己破産する前に任意売却をすすめる理由

住宅ローンの返済が困難になって滞納が続いていたり、借入金が多くなって生活が立ち行かなくなった場合に、自己破産をすすめられるケースが多いですが、その前に任意売却を検討してみることをおすすめします。

自己破産をすると、債務は帳消しになりますが、信用情報に傷が付き、その後の生活には様々な支障が出てくることが多いのです。

任意売却では残債が残ってしまうことが多いので、債務者にとって不利のように思われがちですが、任意売却後の残債は民間の債権回収会社に安値で譲渡されるため、債務者の返済は軽くなることが多いです。

さらに、自己破産するにも弁護士費用など、まとまったお金が必要になることが多いのですが、事前に任意売却を行うことによって、自己負担なくさまざまな諸手続きができます。任意売却後に自己破産の手続きをする場合にも持ち出しが少なく抑えられるのです。

任意売却には期限の利益喪失が必要

 任意売却は、ローンが支払えない状況で行われるので、不動産の任意売却を考えるときには、既にローン契約の期限の利益は喪失していると言えます。

期限の利益とは、債務者から見れば分割払いで期限までは支払いが猶予される利益、債権者から見れば猶予を与えることによる利息や担保権などです。

期限の利益が喪失した状態になると、融資を行った金融会社は任意売却などを検討するのではなく保証会社に残債を保証してもらい、以後は保証会社が債権者になります。

そして、保証会社との話し合いにより、不動産を任意売却するか競売にするかを決めていきます。

通常、期限の利益が喪失したときには、残債の一括請求がローン契約に盛り込まれていますが、金融会社に対しては保証会社が既に支払っているので、任意売却をした残債について一括請求されるようなことはありません。

Calendar