任意売却にかかる費用

任意売却にかかる費用

任意売却を考える人にとって自己負担金がいくらくらいになるかは切実な問題です。

任意売却は不動産売買なので、売買が成立した場合、不動産会社への仲介手数料が発生します。そして、マンションなどでは管理費などの滞納分や固定資産税の滞納分の精算金も必要になります。

しかし、任意売却希望者は資金に余裕のない場合が多いので、多くは、任意売却によって得られたお金から仲介手数料を差し引くことができるため、売主の自己負担はゼロに抑えられるよう調整してもらえるケースがほとんどです。税金などの滞納分についても負担がないよう調整してもらえる可能性があります。

さらに、自己資金のない中で引っ越し代などを捻出できない場合にも債権者側との交渉によって任意売却による売買代金から引っ越し代を認めてもらえるケースがあります。

誰が任意売却の価格を決めるのか

誰が任意売却の価格を決めるのか、というような質問があります。

任意売却においては、勝手に業者が売却価格を決定して売却を行ってしまうのではないか、という不安があるからです。

その理由は、よく任意売却が分かっていないこと以外に、悪徳業者には注意が必要、というように言っている任意売却の業者があるためのようです。

しかしながら、任意売却の場合でも免許業者が仲介する限り、それは心配ありません。

宅建業法においては、売買契約が成立した際に業者には契約書の作成と交付の義務があります。

民法においては、当事者の合意で売買契約は成立しますが、宅建業法においては紛争の防止と取引の安全の点から書面化を義務付けしているのです。

そのため、任意売却において、勝手に業者が価格を決定して売却を行うようなことはできないのです。


Calendar