任意売却専門の不動会社があります

任意売却専門の不動会社があります

任意売却で住宅ローンを整理したいと考えたときに相談する窓口はどこになるのでしょうか。お金を借りている金融機関は、最初に相談する必要があります。それは、任意売却は債権者の同意が必要だからです。しかし、任意売却を実行してもらう不動産会社は債務者が決めることができます。当然ですが、金融機関の紹介業者に任せるのも手です。この場合は、金額よりもスピードが重視されます。

自分で見つける場合は、任意売却についての説明を分かりやすく行ってくれる。対応と処理をテンポ良く行ってくれる。一般の不動産屋では、まずは「探しておきますよ」と放置されることが多いです。そして、売却後に債務残がある場合に助言を行ってもらえる。最後に、一番大事なことですが、任意売却の実績があることです。これらのことを検討して任意売却の業者を検討することが大事です。

 

任意売却予定の人は代位弁済について知っておこう

住宅ローンを滞納していて任意売却を検討中の方の元には、代位弁済の通知というものが届くことがあります。

任意売却を考えている人は、この代位弁済のしくみについても知っておいたほうがいいでしょう。

住宅ローンは基本的に保証会社を立てた上で、金融機関から借りることになります。

そして、滞納が続くと、保証会社が滞納者に代わって、全額を金融機関に返済します。

これを代位弁済と呼びます。

代位弁済が行われても、借金が増えるわけでも減るわけでもなく、返す相手が変わるだけなので、任意売却の必要性が変わるわけではありません。

また、代位弁済が行われる段階まで来ると、任意売却以外の道、たとえば、返済条件の変更などの交渉には、もう金融機関も保証会社も応じてくれません。

したがって、代位弁済の通知が来たら、任意売却をする覚悟を決める必要があります。



Calendar