個人民事再生と任意売却の選択

個人民事再生と任意売却の選択

住宅ローンが多く残っていて、滞納をし始めてしまっている状況になるといくつかの対策方法があります。その中である意味で対極にある方法があります。
それは個人民事再生と任意売却です。

個人民事再生は、住宅を保持することができる解決方法になります。

一方で、任意売却は住宅を売却して解決を図る方法になります。
以上の事から正反対な解決方法であることが良く分かるはずです。

個人民事再生は、住宅ローン以外の借金が多い方にお勧めです。

住宅ローンは支払い続けるのですが、その他の借金を圧縮できます。

住宅ローン特則というものがあり、住宅ローンを保持したままで他の借金を圧縮できる方法です。

一方で任意売却は住宅ローンその物に対処できる存在です。

住宅ローンですが、ニに売却によって売却した資金をそちらの返済に充てます。

全額返済できれば、住宅ローンはゼロになります。

住宅は手放しますが、任意売却により借金生活からは逃れられます。

任意売却は住宅ローンが主な借金の場合にお勧めできる存在です。

前向きに行なえる任意売却のメリット

いろいろな事情で、住宅ローンの支払いが滞り、どうしても返済出来なくなり、債権者からの取立てなどで苦労し、いよいよ競売になるのかと思う前に、任意売却を考えるのも一つの方法だと思います。

任意売却は競売よりも有利な金額で、相場に近い価格で売却できるので、手元に残る資金も多くなり、これからの生活にも有効に使う事が出来るのが任意売却だと思います。

任意売却では、売却後の残債も相談出来きます。その中で、無理なく返済出来る相談などのメリットもあります。これから新たに出直すには良い方法だとおもいます。競売のように安く売られ、立ち退きの事などいろいろな面で途方にくれるより、任意売却で前向きに取引する事で、精神的にも良い結果が得られると思います。

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

Calendar