不動産投資で失敗した場合でも任意売却

不動産投資で失敗した場合でも任意売却

 不動産投資というものがブームです。

賃貸マンションを購入しまして、そちらを貸し出しまして現金収入を得るという方法です。

しかし、なかなか入居者があらわれない事になると、そういったものを購入するためには不動産系のローンを購入しているものですので、ローンの支払いができない事になってしまいます。

非常に厳しい状況になってしまいますので、なんとかしてでも対応しなければいけない事になります。

そこで重要視しなければいけないのが任意売却です。

任意売却と言えば自分の住んでいる物件に対して行われる印象がありますが、不動産投資などでも行われるものになります。

不動産物についてローンが支払えないと、競売にかけられてしまいます。

ですので、それを避けるためにも任意売却というものが行われるわけです。

任意売却について、まずは不動産投資物件でも利用できるということはしっかりと覚えておいてください。

もしもの時に任意売却が救ってくれることもあるでしょう。

任意売却と競売の価格差

任意売却と競売の場合、住宅の売却額が異なることはよく知られています。

任意売却の場合は相場の8割から9割程度、競売の場合は相場の6割から7割程度になりますから、任意売却の方が高値になります。

こういった価格差が生じる理由としては、2種類挙げられます。

1つは、買い手にとっての情報の違いです。
競売の場合、住宅の中を確認することができません。

一方、任意売却の場合は、居住者がいるとは言え、一応、中を確認することができます。
もう1つは、リスクの違いです。
任意売却であれば、売り手と買い手で相談しあって、引越し日などを決められます。

しかし、競売の場合は、居住者が立ち退かない可能性もあります。

競売物件を買う場合は、価格とリスクのバランスをよく考慮する必要があります。 自己破産 横浜市 自己破産 青葉区 自己破産 旭区 自己破産 泉区
自己破産 磯子区 自己破産 神奈川区 自己破産 金沢区 自己破産 港南区
自己破産 港北区 自己破産 栄区 自己破産 瀬谷区 自己破産 都筑区
自己破産 鶴見区 自己破産 緑区 自己破産 戸塚区 自己破産 保土ヶ谷区
自己破産 西区 自己破産 中区 自己破産 南区 自己破産 川崎市
自己破産 麻生区 自己破産 川崎区 自己破産 幸区 自己破産 高津区
自己破産 多摩区 自己破産 中原区 自己破産 宮前区

Calendar